News新着情報

子供の反対咬合

6才になると前歯が抜けたり、奥歯が生えてくる時期です

生えたての永久歯はまだ歯の質が幼若で虫歯になりやすいので、 歯磨きのチェック、フッ素塗布、シーラントでしっかり虫歯予防をして下さい また、スペース不足やちょっとした事で前歯が内側に生えてくることがあります。 正常だと噛んだ状態で下の歯を上の歯が覆っていますが、これが逆だと反対咬合です。 これはなるべく早く治さないといけません。 前歯が反対に噛んでいる事で、アゴの成長を阻害したり、歯が欠けてしまったり。 治療方法は、割りばしを噛んで治す方法もあります。 一般的には写真のような装置を上のアゴに夜だけ自分ではめて上の前歯を前に出していくという方法で治します。取り外し式でない固定式の装置で治療が必要な場合もありますが、 いずれにしても必ず専門医の診断を受けてくださいね。 なぜなら反対咬合の診断には骨格性と機能性を見極める必要があるからです。 大切なお子さんの歯並びだけでなく、顔面の一部を構成するアゴの成長にかかわる事ですので、 しっかり守ってあげたいですね

>医療法人Smile's create 大林歯科・矯正歯科
医療法人Smile's create
大林歯科・矯正歯科

〒473-0902 愛知県豊田市大林町10-8-1

0565-29-5310
09:30~13:00
14:00~18:00