News新着情報

矯正終了後のリテーナーの使用注意点

矯正終了後、必ずお渡しするリテーナー。
リテーナーの種類は患者様によって異なりますが、
共通するのは使用方法の注意点です。

取り外しのできるタイプのリテーナーは慣れてくるとついつい片手で取り外しをしてしまいがち。
目立たない矯正装置や内側に着けるタイプのリテーナー(以下のようなもの)は
取り外しの使い方によっては
割れやすくなってしまうので注意が必要です。

片手だけではめたり、外したりしていると
力が片方だけにかかってしまうため、どうしても割れやすくなってしまいます。
リテーナーの使いかた

外す時もはめる時も両手でしっかりと合うようにいれましょう。

万が一ヒビが入ったり、割れてしまった時は、
お口の中を傷つけてしまう危険性もあるためお早めにご連絡ください。

歯のすき間の原因は何かを考える

歯のすき間の治療方法について
見た目だけでなく噛み合せについても関係しているため、
あらゆる観点から考える事が必要になります。

一概にすき間があるから、そのすき間を目立たないようにしましょう!
というのではなく、
なぜそのすき間ができたのかをしっかりと考え、治療計画を立てる事が大切です。

・生まれつき歯の本数が少ない
・噛み合せによって歯がズレてきている可能性も考えられます。
・歯ぐきが痩せてきてすき間ば見えてきた
・歯の形の問題(歯の先が細い・歯が小さいことですき間が目立つ)
・歯の生え方の問題(歯がねじれて生えている等)

お子様の場合、矯正治療しなくても、
顎の成長などによって自然と奥の歯がよってきて並ぶケースもあります。

検査やカウンセリングをした上で、
考えられる治療方法をご提示しご本人が原因をご理解した上で
進めていくことが大切だと考えています。

歯のすき間が1mm変わるだけでも見た目や噛み合せにも大きく影響します。
お悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。

ホームホワイトニング〜ジェルを入れる際の注意点

ホワイトニングをご希望される方で一番多くいただく質問が
ご自宅でのホワイトニング時(ホームホワイトニング)でのホワイトニングジェルに関することです。

ジェルの量は?
はみ出した時は?
どこにジェルを入れるの?

慣れるまでは、わからない事だらけだと思いますので、
今日はポイントをお伝えします!

1)使用するマウスピースは乾いた状態で

まずはじめにマウスピースは必ず乾いた状態で使用してください。
水を含ませた方が良いのでは・・・?と思われる方も
多いのですが、水分がジェルと歯の表面との接着を弱めてしまうので
マウスピースは乾燥した状態で使用してくださいね。

2)ジェルの量は1歯あたり米粒大+歯の大きさに合わせて
たくさんつけた方が効果的?!と思われがちですが、
答えはNO。適量がポイントです。
あまり多い量をつけてしまうと歯ぐきまではみ出してしまいます。
また歯の大きさは上の歯と下の歯が違うように、
ジェルの量も適宜変えてくださいね!
ホワイトニングマウスピース

3)ジェルは流し入れはNG!
急いでいると「めんどくさ〜い!一気にいれちゃえ!」と
ジェルと入れたくなりがちですが、ポイントは「1つの歯ずつに置く」です。
流し入れると白くしたい歯の表面にジェルが当たらず効果的とはいえません。
ジェルをいれたら、シリンジで少し伸ばすと歯の裏側からも白くすることができます!

今日はホワイトニングジェルの
大切なポイントを3つお伝えしました!

効果を出すためには、使用方法を守ることが効果大への鍵ですflair
もちろん使用時間は守ってくださいねconfident

>医療法人Smile's create 大林歯科・矯正歯科
医療法人Smile's create
大林歯科・矯正歯科

〒473-0902 愛知県豊田市大林町10-8-1

0565-29-5310
09:30~13:00
14:00~18:00