News新着情報

歯の詰め物がとれてしまった場合の注意点

奥歯の詰め物がとれてしまった!
という場合、様々なご相談をお電話でいただくので、
ご紹介しますね。

他院で治療していた詰め物がとれてしまったけど、
注意点はありますか?

→とれた部位が虫歯にならないように、歯磨きはしっかりとこないましょう。
あとは、冷たいものや熱いものが触れないようにする。
固いものはとれた部位で噛まないようにする。

詰め物はどうやって保管したらよいでしょうか?
→プラスチックなどの容器に入れて下さい。ティッシュには包まないでくださいね。

被せ物、詰め物がとれてしまった場合は、早めに受診しましょう。
お電話でご予約の上、ご来院下さい。

銀の詰め物が取れる時は大体、詰め物の隙間から虫歯になって取れてくることが多く、
あとは経年劣化で歯と詰め物が合わなくなって隙間が開いてしまうということで取れるというのがほとんどです。

詰め物、被せ物は永久的なものではありません。
しかしなるべく丈夫で、虫歯が再発しにくい方がもちろんいいですよね。

そこでお勧めがゴールドの詰め物。
銀歯より体に安心で、合わなくなりにくく、虫歯の再発を予防できます。
あとは、見た目も自然に戻せるセラミックは歯に汚れを寄せ付けにくく、虫歯の再発を予防できます。

詰め物に関して気になる方は、お問い合わせ下さい。

詰め物がとれた場合

>医療法人Smile's create 大林歯科・矯正歯科
医療法人Smile's create
大林歯科・矯正歯科

〒473-0902 愛知県豊田市大林町10-8-1

0565-29-5310
09:30~13:00
14:00~18:00