News新着情報

乳歯の虫歯、どうせ抜けるから・・は危険

昔に比べ、おうちで行う歯のケアがよくなってきたことで
虫歯のお子さんはずいぶんと減りました。
ごくまれに、こんなご質問をされるお母様がいます。
「子どもの歯は乳歯だから虫歯で放っておいても抜けたら大丈夫なのでは・・・」

答えはNO!!
虫歯を放置したままにして、子どもの頃の早い時期に歯を失うと、
その後に生えてくる永久歯の歯並びの乱れにもつながることもあります。

虫歯は菌によっておこります。
放置したままで永久歯が生えてくると、
新たな虫歯や歯周病で永久歯を失う環境にもなりかねません。

ひどい場合は、虫歯を長年放置したことにより
感染症が起きて頬がボンボンに腫れてしまったということもありました。

抜けるから・・・・という理由で、
虫歯を放置してはいけません。
きちんとしたメンテナンスとお手入れ方法が永久歯が良い状態で生えてくる環境の第一歩です。
イタイ・ツライ・嫌な思いをお子さんにもさせないように
親御さんも一緒にお子様の口内環境を守っていきましょう。
子どもの乳歯はどうなるの?

口臭のキツさで第一印象を下げていることも・・

歯の黄ばみ・汚れや歯並び、
見た目に関するお悩みは年々増えていますが、
この2つを押さえて、増えているお悩みがあります。

「口臭がキツイ」
口臭が気になる

確かに、歯並びが良くて真っ白で美しい歯でも
近くで会話をした瞬間・・・うわぁ・・・(゚д゚)!

となっては元も子もありません。

口臭というのは本人ではなかなか気づかないもので、
なかなか人にも「口臭キツイよ!」というのは・・勇気がいりますよね。
(家族でも指摘するのは気を遣う・・・)

虫歯や痛みがなくても定期的な健診で
口臭の原因となる歯石や汚れを取ることも
第一印象を良くすることにつながりますflair
(歯の健康にももちろん最適)

定期的なメンテナンスで健康な口元と
爽やかな息もケアしていきましょう♪

ピッタリ合っていない銀歯の危険性

10月に入り秋の気配もうっすら感じられる気候になってきましたねmaple

年末に近づくにつれて、
歯のお手入れをする方も増えてくる季節です。
(年末年始は健康な歯で過ごしたい時期ですもんね)

さて、その中で特に多いご相談が『被せ物』です。

以前保険診療で治療した銀歯がピッタリと歯の形にあっていなくて、
その間から細菌(虫歯の原因)が入り、
銀歯を外すと虫歯の温床になっていた・・・・coldsweats02
ということがあります。

被せ物を変えたから「ハイOK!」ということにはならず、
根本的な菌を取り除く治療をした上で、
ピッタリと合う被せ物をするという手順が必要となります。

長年放置していると、
歯の根っこまで菌が増えてしまい、
最悪の場合、歯を抜かなければならないことも・・・。

そうなる前に、定期的にメンテナンスをして
健康な口元を保っていきましょう。

木曜診療日のお知らせ 10/13、11/24、12/22

2016年も残り3ヶ月!
10月〜12月までの木曜診療日をお知らせ致します。

10/13(木)
11/24(木)
12/22(木)

ご確認の上、ご予約をお願い致します。

子どもの歯並びは親御さんの協力体勢もキーポイント

子どもの歯並びに関するご相談は、
毎年少しずつ増えています。

固いものを食べなくなった、
顎が小さい子が増えた、
頬杖をつく習慣がある・・・
お子様の歯並びについては様々な原因が考えられます。

そして、歯並びについては、
お子様本人の意識だけではく親御さんの目も大切です。

歯磨きはきちんとできているか。
歯にものが詰まりやすくなっていないか。
本人は歯並びについて、どう感じているのか、など
お子様本人では気づかない事のほうが多く、
親御さんの会話や視線がとても大切になってきます。

矯正治療後も矯正装置をつけた後の心のケアや
歯磨きのフォロー体勢なども重要になってくるので、
お子様の矯正治療の際は、
親御さんと一緒に、お話をしながら
二人三脚でお子様をサポートできるようにできればと思っています。

親御さんからも日常生活で気になることやご不明点があれば
お気軽にご相談ください。

お子様のお悩み例/口がポカーンと開いている

お子様のお口元の相談の中で、
お母様から「子どもが口をポカーンとあけている」( ゚д゚)←こんな状態
というご相談をいただくことがあります。

口をポカーンとあけているというのは、
前歯が重ならないことを示す事が多く、
その原因の一つに指しゃぶりが考えられることがあります。

4〜5歳まで指しゃぶりをしていると、
指をくわえている状態が続いているので、
頬の筋肉の発達も指をくわえやすい状態で発達し、
歯並びに関しても影響をおよぼすことがあります。

お母様には、
お子様がどんな時に指しゃぶりをしているのか、
じっくり見て頂き、傾向を見て頂く
ことも大切だとお伝えしています。

指しゃぶりを無理に辞めさせるのではなく、
その指しゃぶりをする時に代わりにできること何かあるか?
一緒に考えていくことも大切ですhappy01

お子様の大切な将来のお口元を
一緒に守っていきましょう。

歯をきれいにする前に大切な原因へのアプローチ

最近では見た目や歯並びなどのご相談を多数いただいています。

昔のようにただ「歯並び」を綺麗にしたい。というだけでなく、
「あのタレントの◎◎さんのようにしたい」
「白さはこのくらいの歯の色が良い」など患者様のお考えも
よりいっそう具体的になってきました。

歯に関する意識が高くなるのは嬉しいことですが、
見た目を重視するあまり、
大切な「予防」について忘れがちになってしまう方がいます。

歯を美しく見せるのも、
歯周病や虫歯の原因があっては元も子もありませんsad

歯を美しく保つには、
適切な歯の予防管理が必要ですshine

いくら見た目が大事!と希望されても、
歯周病の原因が残ったままでは、
ホワイトニングや矯正治療には進ませんthink

大切な「歯を健康に保つ」ということをしっかり患者様と共有しながら、
ご本人が目指す見た目に近づいていけたらと思っています(^^)

患者様も働く仲間も出会ってよかったを実現するために



一緒に働く仲間も増え、当院では全体会議の時間を作り、
患者様の最近のご要望や私達ができることは何か?
課題や問題点などを共有しています。

患者様からの貴重なご意見をいただき本当に有り難い毎日です。
ご来院いただく皆様、いつも本当にありがとうございます。

皆様のますますのお口の健康を守れるよう、
日々、頑張ります!!
今後ともご指導ご鞭撻のほどどうぞ宜しくお願い致します。

前歯の差し歯、歯茎の黒ずみの原因は?

前歯を差し歯にする時に、
保険適用か自費診療(セラミック等)でお悩みになる方が多くいます。

費用だけを考えると・・保険適用というご判断も検討材料の一つです。
しかし、長期的視点で考えるとセラミックなどの自費診療の差し歯をご提案しています。

その理由はいくつか挙げられますが、
特に「歯茎の黒ずみ」と「見た目」の問題です。

保険適用の差し歯は、金属の土台にプラスチックを貼り付けて作ります。
土台が金属ということは、年月が経つにつれて少しずつ水分と一緒に金属イオンが溶け出してしまい、
その影響から歯を黒ずませてしまうことがあります。

よ〜〜く自分以外の人の前歯をみてみると、
歯の根元が黒っぽい人って結構います。
芸能人でもたまにいらっしゃいますよね。

最近では、金属アレルギーについてもメディアが取り上げるようになってから、
金属アレルギーの方も安心して利用できる方法として
オールセラミックに注目が集まっています。

ご予算等でお悩みになる方も
長期的な視点でお考えになる時、
参考になれば幸いです。
歯茎の変色

就職展にブース出展しました

ウィンクあいちにて、
歯科衛生士・歯科医師に向けた就職展にブース出展をしました☆

就職展

「出会えてよかったと思ってもらえる歯科医院」を目指して、
思いに共感してくれる方と一緒にこれからも頑張ります!

>医療法人Smile's create 大林歯科・矯正歯科
医療法人Smile's create
大林歯科・矯正歯科

〒473-0902 愛知県豊田市大林町10-8-1

ご予約はこちらからお願いします

10:00~18:00

*当院では、市の無料健診(成人歯科検健診、妊産婦健診、乳幼児健診)、事業所健診、8020申請は受け付けておりません。